もちつき録

もち(猫)・つき(犬)・うさ(猫)+息子(人間)に振り回される日々…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

犬・猫のワクチンアレルギー    H21・8・28(金)

おかげさまで、もちさんは
すっかり良くなりました♪

ご飯を少量の数回に切り変えた為、
一日中ご飯の催促を訴えています(+_+)
DSCF3004.jpg もっとちょーだい怒


今日は、犬と猫のワクチンアレルギーについて
少しだけまとめてみました。

なんせ、私自身初めての経験だったので、
獣医さんに聞きまくり、ネットで調べまくりましたよ。

まずは、アレルギー反応の種類について…

<軽度な副作用>
 発熱、不活発、食欲低下などの症状が注射後1~2日で出ることもありますが、
治療なしで解決することがほとんどです。
  *もちさんの症状も、複数回の嘔吐と発熱で軽度といえます。
   ただ、接種後2時間以内の発症であったことで、重度に繋がる
   可能性があり、直ちにアレルギーを抑えるステロイドを注射。


<中等度な副作用> 
代表的なものはじんましんです。ハチに刺された時を思い出してみてください。
ハチ毒に対して皮膚の血管が反応すると、激しい痛みを伴い、真っ赤に腫れあがります。
動物の場合はこのじんましんが、唇や目の周りあるいは首の周りの赤みや腫れとして現れます。
   *この症状は、主に犬に多いそうです。
    「顔が腫れる」と良くいいますね。
    アレルギー反応としてももちろんですが、接種後に激しい運動等により
    引き起こしてしまうこともあるそうです。

人間もそうですが、予防接種の後は安静に!!ですね。

<重度な副作用>
 「アナフィラキシー反応」といわれるものです。
この反応は突然起こり、呼吸困難に陥るなど生命に関わる危険性のあるアレルギー反応です。
    *これが、もちさんも先生に言われましたが
     「バタっといってからでは、大変です。」
     の症状ですね。


その他にも、痙攣や目の焦点が合わなくなった…等、
個体差や体質、持病の種類等により様々な症状があるようです。

DSCF3001.jpg

では、実際の発生率は……

ワクチン副作用の発生率は? 
 ワクチンアレルギーの確率は、15000分の1と低い確率ではありますが、
ある報告によるとワクチン関連性副作用(非特異的ワクチン反応、アレルギー反応、
じんましん、もしくはアナフィラキシー)は、年齢が若いほど、体重が軽いほど、
また去勢・避妊をしていないほど副作用のリスクが増加すると言われています。

そして……
重篤なショック症状を起こす確立は1~2万頭に1頭とも言われており、
ワクチンで防げる病気の発症率から比べれば桁違いに低い数字です。



では、どうすれば防げるのか……
正直、獣医さんにも
「こればっかりは、打ってみないとわからない…」
と言われました……

ですよね(+_+)

先天的な体質だったり、その時の体調だったり…で左右される。
もちろん、健康状態の確認はきちんと行ってから、
ワクチンを接種しますが、飼い主さんが少しでも
「いつもと何だか、様子が違う…」
と思った時は、延期すべきだと思います。

ワクチンアレルギーは、体質で持って生まれた物ではなく、
その時の体調等で、どんな子もなりえるアレルギーです。


そして、こんな統計もありました。
一回目(初めて)のワクチン接種よりも、
2度目以降の接種の際にアレルギー反応が
起きる確率が高い……


確かに、もちさんは一度目は何ともなかった。

そして……
一度、ワクチンアレルギーを発症すると
次以降も発症する確率が高くなる……


これは、もちさんも言われました(T_T)
次回から、どうするか…
でも、やっぱりワクチンを打たない!
という選択肢の方が、はるかにリスクが多い。

では、どうするのか……

 「ワクチンのメーカーを代えてみる」
 「9種、8種、7種、5種、4種、3種と多価ワクチンの種類も様々なため、
  予防の必要な感染症を見直してみる」
 
 「抗ヒスタミン薬やステロイドなどで前処置をする」

恐らく、もちさんは3番目…かな?

色々調べていて思ったのは、やっぱり何か不安なこと
があったら、すぐに獣医さんに診てもらうこと!
もちさん達の掛かり付けの病院は、救急病院なので
24Hやっている。車で10分もかからないのは、
本当に安心です(>_<)

一般の動物病院に掛かっている方も、
地域の動物救急病院は、調べておくと安心ですよ。

DSCF3007.jpg ですよ♪


さてさて、長々とここまでお付き合い下さった方、
もちさんと同じようにワクチンアレルギーを抱えている方、
最期までお読みくださいまして、ありがとうございました☆

今回、直面してしまったワクチンアレルギーについて
私なりにまとめた物ですので、至らぬ点等ありましたら
申し訳ありません(>_<)
 まだまだ、修行中の身ですので、ご勘弁下さいやしてへっ


   追記
     今回、もちさんのワクチンアレルギーにより受診した費用は、
    ワクチン代に込…とのことで、一切かかりませんでした。 



さび猫・MIX中型犬ランキングに挑戦中♪
ポチっ☆待ってまぁ~す(^v^)/
にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ
にほんブログ村
コメントはこちらからも書けます♪↓




  
スポンサーサイト

| 猫の病気 | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sakuwan.blog34.fc2.com/tb.php/80-0c06fde0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。