FC2ブログ

もちつき録

もち(猫)・つき(犬)・うさ(猫)+息子(人間)に振り回される日々…

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

なんてこった…

P1040518.jpg

P1040515.jpg

P1040517.jpg

P1040514.jpg

なんか…違う!(笑)






やっとのんびり出来ると思ったのに…
少し、自宅でゆっくりした日々を過ごしたかったのに…

私の祖母が入院しました(TωT)

自宅で転んでしまい、大腿骨骨折。
幸い、母が一緒に居たので、救急車を呼び、
駆けつけた救急隊員は、まさかの夫(笑)

いやいや…笑えないって(汗)

明日、手術ですが、また歩けるようになるのは絶望的。
89歳になる祖母は、加齢による物忘れなどは多少ありましたが、
それでも元気にお友達と夜遊び(飲み)に行くほど元気で、
ひとりで暮らしていました。

元介護士の経験上、「大腿骨骨折=寝た切り」がほとんどです。
そして、一番怖いのは、長期の入院や寝た切りによる、
急速な痴呆の進行。いわゆる認知症の発症ですね。

現実を知っているだけに、覚悟は出来ていますが、
これからの事を考えると、さすがに落ち込んでしまいます。

手術後は、入院している病院の敷地内にある、
老人保健施設にリハビリの為、入所予定ですが、
老健は3カ月までしか居られないので、
その後は自宅介護になるでしょう。

私の母は、仕事を辞める覚悟のようですが、
なるべく福祉サービスをフルに利用して、
家族の負担を軽減すべく、私も考えて、協力するつもりです。

何よりも、大好きな祖母の為にも、
私に出来ることは全てしてあげるつもりです。
きっと本人が一番辛いでしょうから、
なるべく周りの家族をなだめる方にまわって、
(実の親子とかだと、なかなか手厳しいのでね(汗))
介護職の経験を生かせれば…と思います。

実はその為に介護士の資格を取得したんです。
祖父の自宅介護の際、高校生だった私は、
衰え、変わって行く祖父を受け入れられず、
祖父が亡くなるまで、ほとんど会うことすらしませんでした。
初孫で人一倍可愛がってもらったくせに、
祖父が老いて、ボケて行くのを見たくなくて、
祖父から目をそらし、逃げてしまったんです。
祖父が亡くなった時に、初めて「人の死」という現実を知り、
心の底からの後悔を生まれて初めて味わいました。
今でも、人生で一番後悔していることにはかわりません。

そんな後悔を二度としたくなくて、
「祖母の時には、必ず最期まで寄りそう」
と心に誓っていました。

自己満足だと思います。
それでも、あの後悔を二度と味わいたくないのです。

息子がいるので、なかなか思うようには動けませんが、
ひ孫の顔を出来るだけ見せてあげたいと思います。



な~んてこと言ったのに、
メキメキ回復して、歩けるようになっちゃったりして( *´艸`)クスクス


あぁ…なんだか重たい内容な上に
長くなってしまった。
すみませんでした(>_<)

という訳で…
私には、のんびり~♪なんて時間はないみたいですね(泣)

もちろん、無理はせず、睡眠と栄養はきちんと摂って、
無理はぜずに頑張りますので(^u^)v



なんだか、PCも携帯もメールの返信が滞っており(爆)
本当にすみません~(>_<)
返信する前に、ブログは更新すんのかよ!!!
ってツッコミが聞こえそうですが…
堪忍して下さいませ~




大変申し訳ありませんが……
諸事情により、只今コメントの返信は出来ないことが
ほとんどの状態です。
その分、皆さまの所へお伺い出来れば…
と思っております。
それでもいい!という方、コメントを頂けると死ぬほど嬉しいです(>_<)
初めての方も、お気軽にコメント下さいませ♪
とっても、励みになります(o´∀`o):.*



ランキングに挑戦中です♪
応援3ポチっ☆待ってまぁ~す(o´∀`o):.*
にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ






≫ Read More

スポンサーサイト



| 未分類 | 23:05 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |