FC2ブログ

もちつき録

もち(猫)・つき(犬)・うさ(猫)+息子(人間)に振り回される日々…

2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

手術の結果…



昨日12時過ぎより、
「卵巣の取り残し」もしくは、
「卵巣の再生」を確認すべく、
う―ちゃんは開腹手術を行いました。

結果……
ありました、卵巣らしき細胞が二つ。

腹膜に癒着する形であった為、
腹部エコ―では見つからなかったそう。

わずか2ミリの卵巣細胞。
念の為、まわりの組織も多めに切除。

詳しくは、病理検査に回してみるそうですが、
「卵巣の取り残し」か「再生」なのか、
ハッキリ判らないとの事。

それでも担当医は、本当に申し訳ない…と、
何度も謝って下さり、
逆に申し訳ない気持ちに…

たぶんね、
生命力の強いう―ちゃんの事だから、
「卵巣の再生」だと思うのです。

ま、検査結果次第ですが、
とにかく、まずは一安心です。

う―ちゃん、何度も痛い思いをさせて、
本当にごめんね…




当の本猫は…
帰って来てそっこ―う○こ(笑)
ご飯もりもり完食。
隣りの部屋へ繋がる窓へジャンプ…
と、至って元気です。

皆様、ご心配おかけ致しました。



詳しくは、ネットが開通してから、
きちん記事にしたいと思います。



まずは…
本当に一安心!
「開腹手術」という決断は、
間違っていなかった。
それだけで、涙が出る位ホッとしました。





スポンサーサイト



| 避妊後の発情 | 08:13 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |