FC2ブログ

もちつき録

もち(猫)・つき(犬)・うさ(猫)+息子(人間)に振り回される日々…

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

長男出産の話し:出産編~ H22・1・8(土)

前回から読んで下さっている方…
本当にありがとうございます。

前回も書かせて頂きましたが、
私の記録の為にも、今回の出産エピソードを
まとめさせて頂きました。
(前回の陣痛編~は コチラ→

では、いよいよ出産編~です!



12月7日 12時頃    陣痛は3分間隔を切っているものの、
                子宮口が5センチしか開かず…破水もなし…
                さすがに、私の体力も何度も限界を迎え、
                意識が飛ぶことが( ´△`)

                もぅ身体は「出したい!」となっており、
                痛みが来る度にいきみたい衝動が。
                しかし、まだまだいきむ訳にはいかず、
                ひたすらいきみ逃がしの為に、
                「鼻から吸って、口から長ーーーく息を吐くように」
                と助産師さんから言われ、母と妹ちゃんも一緒になり、
                3人で「ふぅーーーーーーーー」と声を出して何度も息を吐く。 

                陣痛室は、裸同然の妊婦さんが数時間こもる為、
                とっても暖かくなっていました…というか、暑い!(爆)
                もう汗びっしょりで気持ちが悪くなり、
                冷えピタをおでこと首の後ろに貼ってもらい、
                さらさらパウダーシートで、ひたすら妹ちゃんに
                身体を拭いてもらってました。



12月7日 14時頃    とうとう分娩室へ移動。
                
                これでやっと出せる!!!

                そう思って、ホッとしたのもつかの間… 
                子宮口がなかなか開かない為に、誘発剤を追加(汗)
                もぅここから、地獄のような痛みでした(TωT)

                1分間隔になっているのに、子宮口が開かない!
                私もヘロヘロになっており、半泣きで
                「もぅヤダ~!早く~!」と泣き叫ぶ始末…

                そこへ様子を見に来た先生が、
                「ちょっと子宮口広げるから~」
                と手を突っ込んでグリグリと……!!!!

                ようやく子宮口が7センチほどになり、
                ついに破水!!!……人口破水ですが。 
                結局、お産を進める為、助産師さんに破水してもらいました。

                破水した瞬間、本当にじゃーーーーーーーという程の、
                まるで温泉にでもつかっているような温かいお湯が!

                すでにいきみたいのをガマンしてから、
                5時間近く経っており、私のガマンも限界に。

                「もぅ、いきみたーーーーい!」
                何度も叫ぶも、助産師さんになだめられてしまい、
                行き場のないエネルギーを逃がす為に足をジタバタ(笑)

                またまた様子を見に来た先生が、
                「どれ~そんなにいきみたいなら、やってごらん~」
                それを聞き、次の波で思いっきりいきむと…

                「おぉ~頭見えて来たよ~」

                その言葉に安心して、やや力尽きた私(笑)
                なんとここに来て、また陣痛が遠のきそうに…
                気が付くと陣痛がまた3分間隔に戻ってしまっていたのです。 

                そこへまた様子を見に来た先生が…とうとう怒る…
                「あと1時間でダメなら、お腹きるぞ!
                 誘発剤あげて!なにを見てるの!ほら、準備!」
                
                実は、私のお産には、助産師学校の学生さん達が入っていました。
                もちろん、事前にOKしていました☆
                しかし、この学生さん達に、助産師さんが指導・説明しながら
                お産を進めるので、ものすごく時間が掛かっていたのです。
                素人の私から見ても、それは後で説明して~
                と思う事が何度もありました…

                でもね、未来の素敵な助産師さん達を育てる為!
                と、何度も自分に言い聞かせて…ね(^u^;)

                そして、誘発剤をあげたので、またまた痛みの間隔が、
                あっと言う間に短くなり、再び激しい痛みが!

                「口をしっかり閉じて、ヘソを見る様に力入れて!」

                「もっと、もっと、いきみ続けて!」

                「そんなんじゃ出て来ないぞ~!」

                先生の口調もだんだん強くなり、とうとう頭が下りて来た!

                しかし……そこからまた出て来ない…
               
                何度かいきむものの、あと少しなのに出て来ない!

                とうとう先生が、
                「これ以上はダメだ!吸引する!」
                吸引の道具を袋から出した瞬間でした。

                「出るーーーーーーー!!!!」
                私の声と、先生の「おぉ!」がほぼ重なり、
                先生は道具を投げ捨て、私の足元に。

                「ほら頑張れ!最後だ!」

                先生の掛け声と共に、全身全霊の力を込めていきむ。
                「…この一回で、絶対産む!」
                いつの間にか痛みが無くなり、ただただいきみたいだけに。
                
                そして……

                「よ~し、ストップ!ゆっくり息吐いて~」

                 ふーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー……


12月7日 18時23分   ずるっ!すっぽん!!!←本当にこんな感じでした!

                 次の瞬間………
                 「めぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」
                
                 なんとも弱弱しい、息子の産声が(笑)

                 無事に3124グラム 元気な男の子の誕生でした☆
                 26時間におよぶお産となりましたが、初産だしね…

                 息子くんもキレイにしてもらい、私の後処理も終わり、
                 母と妹ちゃんが再び分娩室へ。
                 と、思ったら父と叔母と従弟まで!!!
                 いつの間にか駆けつけてくれていました。

                 そのまま、みんなに囲まれたままカンガルーケア。
                 産まれたての息子くんは温かくて、生臭かった(笑) 

                
                   
                    




さて、息子を産み落とした瞬間、頭の霧が晴れたように、
急に頭や身体がスッキリとしました。
そう、あんなに体力を使い果たし、丸二日寝ていないのに、
急に元気になってしまったのです。
アドレナリンが出過ぎて、マヒしてしまったんでしょうね( *´艸`)クスクス

実は、出血も多くて輸血するかギリギリだったそうです。
産道の中も裂けてしまい、そこからも出血(泣)
おちり(脱肛)と産道(裂傷)と会陰切開のトリプルパンチで、
次の日からは、しばらくペンギンの様に歩いていました(笑)


息子が産まれた時、感動の涙…は全く出ず(爆)
「足と手の指、ちゃんと5本ありますか!?」
と真っ先に聞いた私…
だって、一番不安だったんだもん~

でも、立ち合えなかった夫が翌日に来てくれて、
「この子がたとえ、目が見えなくても、耳が聞こえなくても、
生きていてくれればいい、どんな子でも可愛い。」
と言ってくれました。

私も、全く同じ気持ちでした。
 大切な事は、私達を親として選んで産まれて来てくれたこと。
 今ここに、望まれた命が産まれたということ。
それだけです。





出産を終えて、一番感じたのは…
「妊娠・出産を経験してプラスにはなるけど、
 経験していないからと言って、マイナスにはならない」
ということです。

私自身、妊娠前まで介護施設で働いていたこともあり、
結婚してからの、周りの利用者様からのプレッシャーを
かなり感じていました。
病気を抱えていたこともあり、劣等感や焦りもありました。
何を言われても、素直に受け入れられず、
妊娠した友人・知人を妬むことすらありました。
何よりも、子供を望んでいた夫に、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

結果、こうして息子を授かることが出来、
多くの方に祝福されて出産を迎えることが出来て、本当に幸せでした。
でも、それは夫との充実した生活があり、
今までもこれからも、変わらない安心感があった上での、
延長線上に妊娠・出産に恵まれただけ。
私達は二人でも、幸せに生きて行く自信がありました。
うまく言えないけど、一番底にある大切な事はそういうことなんじゃ…

だから、心を痛めている方にはぜひ伝えたいです。
「マイナスにはならないよ…」





さてさて、ここまで長々と他人の出産話しに耳を傾けて下さって、
本当にありがとうございました&お疲れ様でした。

そして、妊娠中からずっと応援して下さり、
見守っていて下さった皆様…本当にありがとうございました!

もち・つき・うさの3匹同様に、
目に前の命にしっかりと大人として責任を取ります。
出来る事は限られるけど、無限の愛情を注ぎます。




改めて、支えてくれた家族・友人・知人
そしてブログを見て応援して下さった皆様、
息子に出会わせてくれた旦那さま、
私のお腹で育ってくれて、産まれて来てくれた息子くん…

本当に ありがとう






DSCF0066.jpg









                
大変申し訳ありませんが……
諸事情により、只今コメントの返信は出来ないことが
ほとんどの状態です。
その分、皆さまの所へお伺い出来れば…
と思っております。
それでもいい!という方、コメントを頂けると死ぬほど嬉しいです(>_<)
初めての方も、お気軽にコメント下さいませ♪
とっても、励みになります(o´∀`o):.*



ランキングに挑戦中です♪
応援3ポチっ☆待ってまぁ~す(o´∀`o):.*
にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ

人気ブログランキングへ
FC2ブログランキングへ





        
スポンサーサイト



| 出産録 | 11:51 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |