FC2ブログ

もちつき録

もち(猫)・つき(犬)・うさ(猫)+息子(人間)に振り回される日々…

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

トキソプラズマ症  H22・6.7(月)

さて、仙台もよいお天気が続いております(o´∀`o):.*
日中は、ようやく半そでを着られるようになりました♪

P1020130.jpg

ニャンズもぽかぽかお天気で、日光浴が気持ち良さそうです♪





さてさて、今日は簡単に「トキソプラズマ症」について☆
妊娠してから、ペットとの付き合い方で、
私が一番初めに調べた感染症です。

興味のない方は、ざーーーーーーーっと
飛ばしちゃって下さい(笑)
終わりの方に、写真数枚アップしてます☆☆☆




家族でもあるペット達も、これから生まれて来る子供も、
どちらもきちんと守る為に、私は知らなければならないと思い、
色々と調べてみました。



「トキソプラズマ症」とは?

トキソプラズマは、単細胞生物の一種で、
200種類以上のほ乳類と鳥類に感染し、人にも感染する。
日本人では、年齢が高くなるほど感染率も高い。
これは、主に食事で取る肉からの感染だとみられている。
トキソプラズマは、普通は感染後も筋肉の中でおとなしくしているので、
体には何の症状も表れない。
 しかし、妊娠中の初感染は例外で、感染によって胎児に影響が出る。
トキソプラズマの感染率は、30歳以上では20%、30歳未満では12%程度。
感染していない女性は、妊娠中に初感染する可能性がある。


要するに…感染経路は…
  ・犬・猫を含む哺乳類と鳥類からの経口感染
  ・生肉や不十分な加熱の肉類を食べた時
  ・動物の排泄物が含まれる、土等 


特に気を付けなければならない感染経路は…… 「子猫」だそうです。

子猫は、トキソプラズマが便に出るので、
体毛や口にトキソプラズマが付着している場合がある。
このため、えさを口移しで与えたり、一緒に眠ったり、
ほお擦りしたりする過剰な接触や、
猫のトイレ掃除などで感染する可能性がある。
 特に、妊娠後に初めて接触する「子猫」はもっとも危険。
母体が、トキソプラズマの抗体を持っていない可能性が
あるので、発症の確率が高くなる。



では、 「トキソプラズマ症」に感染した場合……
 ・妊娠初期の場合…流産や胎児の脳障害の発症
 ・もっとも一般的なのは…
     トキソプラズマは、感染後、母親の血液、胎盤を通じて胎児に感染する。
     しかし、症状が出るのは、乳幼児期ではなく、10歳代の後半になってからだ。
     症状は目に表れる。目の網膜や脈絡膜に炎症が起きて、視力が低下したり、
     視野の1部が欠けたりする。早期であれば治療できるが、
     進行すると、治すのは困難になる。


「トキソプラズマ症」の予防


    ・調理の前後には良く手を洗う
    ・園芸や猫の世話をする時にはゴム手袋などを着用する
    ・生食や無滅菌の牛乳を避け、加熱、燻製、塩蔵がしっかりされた食品を摂る
    ・24時間以上冷凍した食品を使う
    ・野菜や果物は酢水で洗ってから食べる
    ・猫はできるだけ部屋飼いにし、生肉を与えたり狩りをさせたりしない
    ・肉類は十分に加熱し食べる
    ・妊婦は生肉を取り扱わない


もし飼い猫が外出せずかつ生肉を食べないのであれば、
飼い猫から感染することはまずあり得ない。
ゴム手袋などを着用して飼い猫のトイレを毎日清潔に保ち、
さらに適宜ゴム手袋を消毒すれば良い。
ただしどこで食事をしているかわからないようなネコは、
近づけない方が感染の可能性を減らせるだろう。



との、ことでした☆
実は現代では、大変まれな病気なんだそうです。
そして、報告された感染源も、日本では「生肉」が大多数だそうです。

そして、妊娠前から1年以上猫を飼っている人は、ほとんどがすでに
感染して抗体を持っているんだそうです。
「世界の人口の3分の1以上は、抗体を持っている」という報告も!

要するに、妊娠してからの「初感染」が最も危険!なんですね。
なるべくなら、妊娠してから子猫を迎えたり、初めて猫や犬を家族に
迎えるのは避けましょう…ということみたいです。


私は、犬・猫の排泄物はなるべく夫に片してもらい、
トイレの掃除も夫にお願いしています。
まぁ、私は元介護職、夫は救急隊なので、手洗いや感染予防の
癖が付いてしまっているので、手洗い・消毒は当たり前。
そして、大好きな「生肉」の絶食(TωT)
私…生肉が大好きなんですぅーーーーーー!!!!!
馬刺し・レバ刺し・牛刺し・ユッケ・センマイ刺しーーーー!!!!!
あぁ…あぁ…食べたいわぁ……

という訳で、気を付けて過ごせば、大したことはないんですね♪
自分が好きで家族に迎えた子達ですから、無責任なことはしたくない!
お腹の子も、もちさんも、つきさんも、うーちゃんも、
私にとっては同じ様に愛おしい我が子なんです(´ε`*人)

これから妊娠を考えている方も、現在妊娠中のかたも、
ご家族が妊娠されている方も、みんなで気を付ければ防げる病気です。
命を授かったから、別な命を手放す…という選択は、
出来ればして欲しくない…と私は強く思います。




長々と、すみませんでした!
読んで下さった方…ありがとうございました(>_<)



では、通常更新です(笑)↓


日光浴をしていたと思ったら……

P1020137.jpg

さすがに暑くなったみたいですね( *´艸`)クスクス

おや……???

P1020140.jpg

相変わらずの、クロちゃんの熱視線☆

P1020138.jpg

……お?
………おぉぉぉぉぉぉぉぉ!!??

私は、発見してしまった……

上の写真だと分かりずらいので…アーーーーーーーップ!!!!!




9.jpg

クロちゃん、ベロしまい忘れたままだよーーーー(笑)











前回の記事、個別にお返事してます♪
ありがとうございました(^u^)

大変申し訳ありませんが……
諸事情により、只今コメントの返信は出来ないことが
ほとんどの状態です。
その分、皆さまの所へお伺い出来れば…
と思っております。
それでもいい!という方、コメントを頂けると死ぬほど嬉しいです(>_<)
初めての方も、お気軽にコメント下さいませ♪
とっても、励みになります(o´∀`o):.*



ランキングに挑戦中です♪
応援3ポチっ☆待ってまぁ~す(o´∀`o):.*
にほんブログ村 猫ブログ MIXサビ猫へ

人気ブログランキングへ






スポンサーサイト



| 妊婦さん録 | 13:10 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |